語学力を伸ばそう|小学生の英語教材選びのコツとは

男の子

英語の学習方法

英語

英語の学習というと、大人は文法をきちんと知らないと話せないようなイメージを持ってしまいがちですが、赤ちゃんの話し言葉を思い出してみても、実は単語だけでも十分、会話は出来るのです。小学生のうちは、文法は重視せず、興味を持ったところから、どんどん英語に触れていくという勉強法が効果的です。大人と違い、小学生は楽しくなければなかなか勉強しませんし、興味がなければ上達もしません。ですから小学生の英語教材は、好きなキャラクターのものや、ストーリーがおもしろいものなど、まずは楽しいと思わせるものがおすすめです。単語や簡単な文が載っている英語教材は数多くありますが、選ぶ際には小学生の日常生活の中に登場する言葉やシチュエーションが多く入っているものが良いでしょう。例えば、英語教材の中には、「私は日本人です」など外国人に自分を紹介するようなシチュエーションの多いものもありますが、それでは小学生の生活の中で口に出しにくいです。それよりも、普段よく使用する「歯を磨きます」「このゲームは面白い」など、生活の中の自分の動きを英語に置き換えやすいものが良いでしょう。親子で、自分の行動を英語にしてみることで、英語を口に出す機会も増えますし、単語を知りたいという興味も沸いてきます。英語は毎日少しずつでも触れ続けることが大切です。このように生活の中で自然に思い出せるような単語が入った英語教材を選ぶことがとても効果的だと言えます。

ウーマン

子供を英語で教育するには

プリスクールは、英語で教育を行う保育施設であり、単なる英会話教室とは異なります。学費も私立幼稚園とそれほど大差はなく通わせやすいですし、何より幼少期に得た英語力と国際的な経験は子供の一生の財産となるはずです。

アルファベットと人形

年少期の教育

現在、英語を学ぶことができる保育園がたくさんあります。小さい頃からしっかりと英語を学ばせたい場合、このような保育園に通わせることは有意義です。そして、工夫されたカリキュラムにより、意欲的に学び続けることが可能です。

保育士

学ぶ意欲を刺激する

小学校を見すえて子供を学習させたい場合、幼児教室に入れましょう。例えば英語の学習は早くから始めた方がネイティブの発音が身につきやすいのです。子供が集団の中で萎縮してしまう時はマンツーマンで勉強できる幼児教室を探すと良いでしょう。