語学力を伸ばそう|小学生の英語教材選びのコツとは

保育園

子供を英語で教育するには

ウーマン

グローバル人材の育成法

子供に英語を習得させるには幼いころから英会話教室に通わせるのがよいと思われがちですが、より有効なのはプリスクールに通わせるという方法です。プリスクールとは一般にはあまりなじみがないかもしれませんが、英語で保育を行う施設のことをいい、単に英語を学ぶだけではなく子供の教育まで含めて任せることができるので幼いわが子を預けるのに適した施設と言えるでしょう。プリスクールの位置付けはプレ幼稚園もしくは幼稚園と同様で、小学校入学前に通うことになります。週1回から通うことができるところが多く、気になる学費は、週1回であればだいたい月1.5から3万円、週3回なら月3から7万円、週5回でも月6から10万円程度とインターナショナルスクールと比べるとかなりリーズナブルな料金設定となっています。これくらいであれば私立幼稚園とそれほど差がないので通わせることができるのではないでしょうか。ところで、プリスクールでせっかく英語に慣れ親しんでも、その後に普通の幼稚園や小学校に行けば身に着けた英語を忘れてしまうのではないかという不安の声が聞かれます。しかし、幼少期に一度得た英語力は簡単には失われるものではなく、特に英語耳と言われる英語の聞き取り能力は絶対音感と同じように幼い頃しか身に着けられるものではない一生ものの財産となります。また、外国人の生徒も多く、グローバルな環境を経験できるのもプリスクールの特徴であり、英語力と相まって将来グローバル人材として活躍できる土壌を育むことができるでしょう。