語学力を伸ばそう|小学生の英語教材選びのコツとは

保育園

年少期の教育

アルファベットと人形

楽しく学ぶ

英語は、現在世界中で共通の言語として多くの人々に使われています。そして、保育園などにおいて英語を幼い時から楽しく学んでいくことにより、学力を着実に高めていくことができます。それでは、保育園で英語を学ぶことについて具体的に見ていきます。現在では、様々な保育園で英語を用いた学習やイベントなどが活発に行われています。そのため、小さい頃からしっかりと英語を学ばせたい場合、このような保育園に通わせることは有意義であると考えられます。例えば、生後6か月からの一貫英語教育プログラムを提供している保育園があります。ここでは、工夫されたカリキュラムにより親しみやすく学習を進めていくことができるようになっています。このような施設では、日本人としての自分をきちんと意識した上で、国際的な広い視野と高い英語力をもった子どもたちの育成を目標としています。また、学年別少人数制によって工夫した教育も行っています。そして、具体的には、生後生まれて間もない頃のクラスから高校生レベルまで、幅広いクラスが用意されています。フラッシュカードやダンス、歌や絵本など豊富な教材を活用することで、子どもたちが意欲的に学び続けることができるよう、工夫がなされているのです。更に、読み書きの分野でも充実した教育が準備されています。また保育園として通常の機能もきちんと備えており、なかには園児のバス送迎や遅い時間までの延長保育を実施しているところもあります。英語学習だけでなく、このような保育園ならではのサービスが充実しているところを選ぶといいでしょう。